千賀健永・二階堂高嗣・横尾渉・宮田俊哉などの彼氏・彼女・性格・身長・劣化・兄弟情報!

menu

Kis-My-Ft2(キスマイ)だらけ!玉森裕太・北山宏光・藤ヶ谷太輔・舞祭組!

バカ息子!?徳田毅衆議院議員の女性スキャンダル?

典型的な馬鹿2世議員として話題を集める徳田毅前国交政務官について調べてみました


 

スポンサードリンク
 

まずは簡単な経歴から。

経歴

1971年 元自由連合代表の徳田虎雄元衆院議員の次男として、鹿児島県奄美市に生まれる。

 

1990年 鹿児島高等学校卒業、帝京大学法学部中退。

 

1995年 父・徳田虎雄の個人事務所に勤務する。

 

2003年 結婚。

 

2004年 医療法人徳洲会理事に就任。

*医療法人「徳州会」は父・徳田虎雄が立ち上げたもので、日本で最大規模の病院・医療事業グループ。
徳田 父親と2005年 父が2002年頃から発症した筋萎縮性側索硬化症(ALS)の療養に専念するため、政界引退を表明。そして、父・虎雄に代わり、第44回衆議院議員総選挙に無所属で鹿児島県第2区から出馬し、初当選

同年、帝京大学法学部に再入学するが2007年に再び中退。

 

その後も2回当選し、衆議院議員3期目。
徳田 辞任
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を発症し、病気による引退(衆院当選4回)の跡を託した息子が、典型的な「馬鹿2世議員」として話題を集めています。

 

公職選挙法違反問題などもありますが、今回は女性問題について取り上げてみました。
 

スポンサードリンク
 

女性スキャンダル

徳田毅議員は、女性関係にだらしないことで有名です。

 

平成19年に女性から、『一緒に飲酒し泥酔したところ、無理やり性的関係を結ばされた』として、損害賠償の訴えを起こされています。

 

詳細としては、平成16年、当時19歳だった女性が、知人の紹介で出会った徳田毅議員と都内の飲食店で会食した際に、酒を勧められ泥酔状態に。

 

徳田毅議員が宿泊しているホテルに案内され、泣きながら『やめてください』と求めるものの、無理やり関係を結ばされた、と主張し慰謝料2千万円の支払いなどを求めて提訴していました。

 

提訴から3ヶ月後に徳田毅議員は事実の一部を認め、女性とその知人男性に謝罪して計1千万円を支払うことと、訴訟内容を口外しないことを条件に和解したそうです。

 

訴訟内容について、徳田毅議員側は東京地裁に記録閲覧制限を申し立て、地裁がこれを認める決定をしたため、内容は一切外部に漏れない形で封印されていました。

 

これが明るみに出たのが、2013年の2月で徳田毅議員はこの『女性問題をめぐるトラブル』を理由に国土交通・復興政務官を辞任しています。

 

この女性問題だけでも十分ダメなのですが、和解金のうち800万円は、徳洲会グループに用立てさせていたことが判明し問題になりました。

 

平成16年てことは、まだ新婚時代なんですね・・。実家も資産家だったので、昔から遊んでたんでしょうね。

 

ここで不思議なのは、口止めして裁判記録の閲覧制限までしておきながら、今更になってこのスキャンダルが出てきたことですよね。

 

しかも、重役についてすぐですからね。誰か関係者がこのタイミングを狙ってリークしたのかもしれませんね。怖い世界です・・。

 

スポンサードリンク
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。