千賀健永・二階堂高嗣・横尾渉・宮田俊哉などの彼氏・彼女・性格・身長・劣化・兄弟情報!

menu

Kis-My-Ft2(キスマイ)だらけ!玉森裕太・北山宏光・藤ヶ谷太輔・舞祭組!

就活うつの症状は?対策は?親が原因していることも・・

ここ数年就職活動が激化し、

就活うつを発症するかたが多くいます。


 

スポンサードリンク
 

就活うつとは?

就職活動を経験した学生が
就活の失敗や行き詰まりに起因する強度のストレスで
メンタルヘルスに不調をきたし、抑うつ状態に陥ったり、
うつ病を発症したりすることを就活うつといいます。

 

なぜ就活うつが激増したのか?

就活うつは社会情勢と密接に関係しています。

 

リーマンショック以降の社会情勢の悪化で、
新入社員の採用を減らす会社が増加しており、
そのため内定が決まらない学生が急増しました。

 

また、企業側も社会情勢悪化のため
経費削減のために社員の給与を削減したり、
サービス残業を強制するなど、
ブラック企業という会社も増えました。

 

面白いことに、
就活うつという言葉と、
ブラック企業という言葉が出てきた時期は、
ほぼ一致すると言われています。

 

これらの背景から、
就活生は企業を何十社受けても内定をもらえなかったり、
内定がもらえたとしえてもブラック企業かもしれないという不安から、
就活うつになってしまいます。

 

せっかく内定をもらうために就活をして、
受かっても「もしかしたらブラック企業かもしれない」
と考えてしまって就活うつになってしまうなんて悲惨ですよね。

 

データで見る就活うつ

データでみると就活うつの多さに驚きます。
なんと就活生の7人に1人が就活うつになっているというデータがあり、
就活の失敗に伴う自殺の件数も160件を超えて、
5年前の2.5倍に跳ね上がっています。

 

また、就職活動中の学生で
「死にたい」と考えている学生は10%にも及びます。

 

もはや社会問題ですよね・・。

 

では、就活うつにはどのような症状があるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

就活うつの症状

•寝つきが悪くなる
•朝におきたくなくなる。
•食欲が落ちる
•やる気が出ない
•体が一日中だるい
•常に焦燥感がある
•思考がぐるぐるとめぐり混乱する
•頭痛や腹痛

などが挙げられます。

 

これらに該当している方は、
何らかの手をうたなければいけません。

 

まだ、これらの症状が出ていない方も
就活うつはいつ発症するかわからないので
予防はしっかりしなければいけません。

 

どのような方が、
就活うつになりやすいのでしょうか?

 

就活うつになりやすい人

まとめてみました。

•真面目な性格
•几帳面で細部にこだわる
•完璧主義で失敗を恐れる
•人に頼むのが不安で自分でやりきる
•執着心が強い
•とにかく頑固
•柔軟性に欠ける
•周囲の評価に敏感
•自虐的・自己否定的
•物事に優先順位をつけるのが下手
•プライドが高い
•感情表現が苦手
•思ったことを我慢して飲みこむ
•責任感が強い
•向上心が強い
•正義感が強い

 

たくさんありますよね・・。
一つもあてはまらない人なんて
いないと思います。

 

だからこそ、
就活うつは誰でもなり得るってことなんですが。

 

最近では親との関係で就活うつになる方も
増えています。

 

どうゆうことでしょうか?

 

親のせいで就活うつ?

具体例を挙げます。

「大学までは親の期待に応えて、
エリートコースを進んできたつもりでした。
でも就職活動はなかなかうまくいかなくて…。
親に“どうだった?”とその日あった面接の
できを聞かれるだけで嫌だった」

「家を出ると母親から“頑張ってね”って声をかけられるのが苦痛で。
期待に応えなきゃいけないのがプレッシャーだった」

 

こういった親が子供の就職活動に首を突っ込むのが
苦痛や重荷になるケースが多いですね。

 

親としては心配だし、
声をかけたくなる気持ちもわかりますけどね。

 

1番多いケースとしては、
抑圧的、支配的な母親の呪縛から
逃れられず苦しんでいる娘が多いと言われています。

 

この機会にちゃんと話し合ってみるしか
解決の糸口はなさそうですね。

 

就活うつの対処法

就活うつの対処法を簡単に紹介します。

 

まず、就活うつは決して特別なものではないことを
理解してください。

 

上にも書きましたが、7人に1人もの人が
悩んでるんです。

 

だから、就活うつに陥るのはむしろ
普通のことなんです。

 

そして、何十社受けても受からないんであれば、
1回開き直ることも大切です。

 

決して「諦めろ」という意味ではありません。

 

就活をしていると、
どうしても「早く決めなければ」「少しでもいいところに」
という強迫に近いものを感じますが、
長い人生で考えると、他にも選択肢があるはずです。

 

実際私の周りにも
大学を卒業して海外を放浪して今は楽しく働いている人や、
アルバイトでサッカーを子供に教え続けて、
今はクラブチームのオーナーとして大金を稼いでいる人もいます。

 

社会に出るとわかりますが、
社会にはいろんな経歴の人がたくさんいます。

 

そんなことを頭の片隅にいれておけば、
少しは就活に対して客観的に向き合えるのではないでしょうか?

 

あとはよく言われる、
休息や、スポーツでの息抜きですね。

 

また、
本当に「死にたい」と思うようになってしまったら、
早めに医者にかかるのをおすすめします。

 

スポンサードリンク
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。